病院向け医療機器

持続陽圧呼吸療法 - CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)

持続陽圧呼吸療法とは、 Continuous Positive Airway Pressureの頭文字をとって、CPAPと呼ばれています。 中等~重度のSAS(睡眠時無呼吸症候群:Sleep Apnea Syndrome)の患者さん対して、無呼吸・低呼吸の消失、いびき・日中の眠気・血液ガスの改善、高血圧など合併症の改善など、その医学的効果が確認されています。

CPAPを実施するまで

1. 診察・検査

診察・問診・スクリーニング、終夜睡眠ポリグラフィーにより、CPAPの適用を決定。患者さんとご家族にCPAPの必要性と効果について説明します。

2. トレーニング

実際に装置・マスクを装着し、患者さんに合った圧力・マスクを決定し、機器の取り扱い、生活指導等をトレーニングします。(タイトレーション)

3. 機器の設置

患者さんの来院・退院の日時、処方等について、弊社にご連絡いただき、機器をお届けします。

4. 月1回の定期的な指導

1ヶ月に1回以上、CPAP装置の使用状況、マスクの装着感、合併症、日常生活状況、血圧と体重などについて、医師の診察を受けます。

主な機器


CPAP装置
レムスターシステムワン


CPAP装置
F&P ICONオート


鼻用マスク
フレキシフィット407