在宅向け医療機器

国内トップメーカーや海外有名メーカーの最新機器を多種ご用意しています。医療機関と綿密な打ち合わせのもと、患者さんの特徴やご家族のご要望に沿うよう、経験豊富なスタッフが対応いたします。また、機器の販売やレンタルに加え、各種メンテナンスサービスを提供しています。

在宅酸素療法 - HOT(Home Oxygen Therapy)

在宅酸素療法は、Home Oxygen Therapyの頭文字をとって、HOT (ホット)と呼ばれています。慢性呼吸不全や肺高血圧症、慢性心不全の患者さんが、家庭で酸素吸入を行う療法です。

日常生活と療養を両立させることができ、生存期間の延長、運動能力の改善や入院回数の減少など、医学的効果が確認されており、現在最も普及している在宅医療の一つです。

持続陽圧呼吸療法 - CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)

持続陽圧呼吸療法とは、Continuous Positive Airway Pressureの頭文字をとって、CPAPと呼ばれています。 中等~重度のSAS(睡眠時無呼吸症候群:Sleep Apnea Syndrome)の患者さん対して、マスクを介して気道内に陽圧をかけることで、気道の閉塞を防ぎます。

無呼吸・低呼吸の消失、いびき・日中の眠気・血液ガスの改善、高血圧など合併症の改善など、その医学的効果が確認されています。

在宅輸液療法 - HIT(Home Infusion Therapy)

先天性の消化器官の障害や術後の栄養補給、ターミナルケアの患者さんの栄養管理を目的とした療法です。

栄養剤を静脈より供給するHPN(在宅中心静脈栄養法:Home Parenteral Nutrition)と胃腸に直接供給するHEN(在宅成分栄養経管栄養法:Home Enteral Nutrition)があります。

医療供給体制の再構築・在宅医療が推進されるなか、今後ニーズが増大すると注目を集めている療法のひとつです。

在宅人工呼吸療法

呼吸は肺によって行われます。正常な状態であれば、呼吸運動は意識する事なく行えます。しかし、肺の病気や呼吸をつかさどる神経・筋肉などの病気により肺の機能が低下すると、正常な呼吸を行えません。そのような時に呼吸の手助けをするのが人工呼吸器です。

自己調節鎮痛法 ― PCA(Patient Controlled Analgesia)

がん性疼痛・術後疼痛管理において、痛みが発生した際、患者さん自身の判断で鎮痛薬を投与する疼痛管理法です。痛みに対する「患者さんの個人差」への対応を可能にします。